Special Contents 健康経営について

Special

HOME//健康経営について

なぜ企業に「健康経営」が求められるのか

なぜ企業に「健康経営」が求められるのか

誰もが心身ともに長く健康で
イキイキと働ける社会に

健康経営とは、企業が従業員の健康づくりに取り組むことによって人材の生産性を最大化し、その結果、業績と企業価値を高めるという経営手法です。従業員とその家族を大事にすることにもつながります。
経営における重要な課題は人材確保であり、2019年4月施行の働き方改革でも「健康で働きやすい職場環境の整備」を対応策のひとつに挙げています。

  • 健康経営の主なメリット

    健康経営は大企業が「健康経営銘柄」や「健康経営優良法人ホワイト500」の取り組みを行っていることから、「お金がかかる」「中小企業には必要ない」と思われがちです。しかし、従業員の代わりがいないとされる少数精鋭の中小企業でこそ必要であると当社では考えております。お金をかけずにすぐ始められる取り組みも数多く存在しています。

    労働生産性の向上

    労働生産性の向上

    従業員の心身の健康づくりに取り組んだり、働きやすい職場環境を整えたりすることにより、①体調不良に伴う労働生産性損失の抑制②従業員の活力向上 といった効果をもたらします。病気やケガで欠勤するよりも、体調不良で働く方がコストパフォーマンスが落ちるというデータがあります。健康を気遣い、従業員を大切にしてくれる会社は、従業員の定着や職場の活性化につながり好循環が生まれます。

  • 社会的評価と企業のイメージアップ

    社会的評価と
    企業のイメージアップ

    健康経営の第一歩は、会社のトップが健康経営を宣言することから始まります。これは経営理念を明確にすることであり、社内外にコミットメントすることにつながります。就活生とその親が就職先を選ぶ際に重要視しているのは「従業員の健康や働き方に配慮しているかどうか」です。健康経営を実践している会社は、優秀な人材確保だけでなく、事業資金調達の際の金利優遇や、入札優位などの社会的評価を得られやすくなります。

  • リスクマネジメント

    リスクマネジメント

    突然の離職や病気などによる生産活動の低下や、職場での事故・不祥事の防止などのリスク回避につながります。従業員の健康と安全を守ることは企業側の義務であり、健康経営に取り組むことを機に従業員の理解・協力が得やすくなります。
    過重労働やハラスメントが原因とする事故・不祥事というのは、職場のコミュニケーションや本人のストレス度合いと関係するものです。会社全体で健康意識を常に持つことで、これらを未然に防ぐことが可能になります。