人・組織の成長のためのヒント

個々の成長や組織のパフォーマンスを高めるには、土台となる幹を太く強くし多くのきれいな花が咲くようにするのと同じで、基盤づくりが大事です。人・組織の成長に欠かせない心・技・体のヒントをコラムで紹介します。 


よくあるご質問・ご相談

◆コーチングについて

Q コーチングとは何ですか?

本人の行きたい目的地にたどり着くためのアイデアと行動を促す「目的のある対話」であり、目標達成や人材開発のベースとなる「学習プロセスの枠組み」です。

 

Q コーチは何をする人ですか?

コンサルタントは専門知識を持ったコンサルタントが問題解決のための助言や指導を行いますが、コーチはクライアント本人が持っている答えを引き出すために、対等な関係で双方向の会話を行います。

 

Q コーチングとコンサルティングはどう違いますか?

スポーツ分野のコーチとは異なり、専門知識や技術を教えるのではなくクライアントが望む ゴール達成に必要な心構え・あり方(to be)、知識・技術(to have)、行動(to do)が何かを見つける対話を作り出します。また、ゴールへ向かう過程で必要な行動変容(新たな 習慣化)を継続的に起こせるよう承認やフィードバックなどのコーチングスキルや目標達成のツールを使ってサポートします。

 

Q コーチングとティーチングはどう違いますか?

技術や能力を教えるティーチングとは違い、相手が持っている自主性、やる気、能力、 アイデア、可能性などを引き出していく方法であり、自ら考えて行動できる自立型人材を育成できるのがコーチングの利点です。コーチングを受ける対象者は、特に習熟度が高い人に向いています。情報をある程度持っている人に対してコーチが質問を投げかけて、やりたいことを引き出す手法です。情報が少なくやりたいことをまだ引き出せない人は、ティーチングやトレーニングが必要な段階です。

 

Q コーチングとカウンセリングはどう違いますか?

カウンセリングは精神に支障をきたす悩みや問題に焦点を当て、それを取り除く方法を臨床心理学など専門的知識を用いて教えます。よって、カウンセラーとクライアントの関係は先生と患者となり、心の病を治療することが目的となります。

 

◆サービスについて

Q 個別面談はどこで行いますか?

業務時間内に行えるように貴社内の静かに話せる場所で行います。但し、遠方の場合は電話(Skype)での対応となる場合もあります。

 

Q 300人を超える会社でも全社員の面談は可能でしょうか?

可能です。業務に支障を来さない面談時間が確保できる時期・日数等を考慮し、複数のプロの面談役が分担して行います。

 

Q すでに他社の健康管理システムを導入していますが、併用できますか?

それぞれの強みを活かした併用利用をおすすめします。また、健康指導を必要とされない場合は、そのようなプランをご用意いたします。

 

Q 小規模の会社のため、費用が心配です。お勧めプランはありますか?

予算をご提示いただければ、予算内でできる方法を一緒に考えます。小規模な会社ほど社員1名の欠員はリスク大のため、予算内でもできることをやってみましょう。

 

Q プロの面談役とはどういう人ですか?

傾聴や質問で問題解決や目標達成に必要な思考や行動を促すコミュニケーション技法であるコーチングの資格と実績のある人です。

 

Q 健康指導はどこまで指導してくれますか?

健康診断結果から疾病予防・健康増進に必要な知識を持つ健康管理士一般指導員や健康運動指導士等による生活習慣全般を指導します。