Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//【コーチングコラム】モチベーション維持に目標は不可欠

コーチングコラム

【コーチングコラム】モチベーション維持に目標は不可欠


「田中さんってストイックだね~」とか
「マラソンってつらくない?何が楽しいの?」
と言われることがあります。

年平均フルマラソンに3本走るし、
ただ大会に出るだけでなく、
それなりにコツコツ練習しているし、
それなりに結果も出しているからか。

マラソン歴16年となった今でも
走り始めて続けているのが週に3日は走るということ。

これは中学から大学まで本格的に陸上をしていた際に
「体がなまるから3日続けて休んではいけない」
という教えを今も信じ、よほどのことがない限り
休まず走っているし、月間120㎞以上は走るようにしています。


モチベーションの源

フルマラソンに初めて挑戦したきっかけは
会社勤めを辞めた後、一度だけチャレンジしたかった
フルマラソンを「時間のある今がチャンス」と思い挑戦。

まさかこんなに続けることになるとは当時は思いもせず、
ただ初めてのフルマラソンで目標だった
サブ5(5時間以内)を達成し、
いつかサブ4(4時間以内)で走れるようになりたいとか
100㎞マラソンを完走したいと具体的な目標ができたから
マラソンを続けてきました。

それにもともと旅好きな私は
マラソン遠征しながら全国各地を回りたいし、
いろんな街や景色を見ながら走ることの楽しさも感じ、
全都道府県のフルマラソンを走破することが
今現在私がフルマラソンを続けるモチベーションとなっています。


ゴールがなくなったコロナ禍のマラソン生活

幾つかの目標を持つことが
私のマラソンを続ける源になっていることを
当初からわかっていただけあって、
概ね目標をクリアしてきました。

フルマラソンは大会開催の半年前にエントリーが始まるため、
来年の予定も真っ先にマラソンの予定が埋まっていくくらい。
なので半年先のマラソンのゴールを目指して
日ごろのジョギングにも精が出ます。

しかしながら、2020年1月のいぶすきマラソンを最後に
エントリーしたマラソン大会は中止・延期になりました。

文字通りゴールがなくなり、何を目指して走ればいいのか、
何をモチベーションに日ごろの練習を続けていけばいいのか、
自問自答する2年が経とうとしています。

そんなコロナ禍で私は交通事故に遭ってしばらく走れなかった
2018年からの3年間よりも2021年で走る量が増えました。

なぜかというと、コロナ禍直前に走ったいぶすきマラソンの
2か月後に走る予定だった徳島マラソンでサブ4を狙っていたが
中止になり、「もう一度サブ4で走る」という目標は
今も持ち続けていられたからです。


私がサブ4で走ることの意味

市民ランナーにとっての3時間台は
日ごろ練習していないと走れないラインです。

私が「もう一度サブ4で走りたい」と言うと
ラン友は「私はタイムにこだわらず楽しく走りたい」と言います。

速く走る=楽しく走れない は誤解です。

「練習は本番のように、本番は練習のように」

という言葉があります。

本番で自分の持っている力を出し切るには
練習で走るかのようにリラックスして
普段通りに走るということ。

私はジョギングが好きというよりも
フルマラソンが好きなんです。

一流選手ですら苦戦苦闘する42.195㎞。
その42.195㎞を30㎞過ぎても楽しく走りたいんです。

マラソン大会は沿道の声援や地元ならではのエイドが楽しめ
そして観光スポットを眺めながら走れる最高の観光ツールです。

ゴールするまで笑顔でハイタッチしたりして楽しんで走るには
まさに「練習は本番のように」ある程度タイムを意識して走らないと
ダメなんです。

それに「サブ4」という目標があるから、
30㎞などのロング走の練習や3日坊主にならずに走れるわけです。

だからタイムにこだわっているのではなく、
日ごろの練習のモチベーションを保つために必要な目標なんです。


走ることが私の健康の秘訣

37歳で走り始めたときには考えなかったのですが、
走ることは心身の健康にいい効果があることを実感し、
走られるうちは年をとっても走り続けたいと
早い段階で思うようなりました。

・階段の昇り降りがラク
・立ちっぱなしの講師の仕事もラク
・ベスト体重をキープ
・歩くことが苦に感じない
・嫌なことがあっても走ると気にならない
・気持ちが前向きになる
・ひらめく、いいアイデアが浮かぶ
・登山が趣味なった
・40代でトライアスロンに挑戦できた

なので、走ること以外の運動は
家で腹筋や腕立て伏せをたまにやったり、
年に数回ゴルフや登山をするくらい。

食事は何かを我慢することなく
食べたいものは食べているので、
私の健康の秘訣はただ走るのみです。

そしてそれは60代、70代になっても続けていきたいですし、
そのために目標を立てては走るモチベーションを
キープするように努めています。


1か月前にゴールができたことで

話をコロナ禍に戻しますが、
2021年10月に全国一斉に緊急事態宣言が解除され
それから間もなく11/7開催の下関海響マラソンが
リアル大会として開催されることが決定されました。

先述したようにいつでもフルマラソンに出られるよう
ジョギングをコツコツ続けてきましたが、
大会に出られることがわかり、目指すゴールができたことで
さらにモチベーションが上がりました。

その結果10月の走行距離は200㎞。
これは4年ぶりです。
久々に走り込み、追い込みができました。

一つ先の目標やビジョンがあるといいのはもちろんのこと、
目の前の目標、目指すゴールがあることの意味を
あらためて実感している最中です。

今日この後10㎞ジョグをしたら、
あとは本番で走るのみです。

下関のゴールまでの道のりは42.195㎞ではなく
昨年からのトータル走行距離約3,000㎞であり、
あと残りの42㎞は楽しく走ってきます!
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧