Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//豊川商工会議所にてコーチング講座(2日間)を無事終了

コーチ日記

豊川商工会議所にてコーチング講座(2日間)を無事終了


豊川商工会議所にて先週と本日、2日間にわたってコーチング講座の講師を務めさせていただきました。

昨年は開講1週間前にキャンセルになり、今年もどうなるんだろうと思っていましたが、商工会議所の方から「感染予防対策をしっかりとって開講したい」という言葉をいただきました。

8月下旬に蔓延防止措置から緊急事態宣言に変わったことでキャンセルが出たそうですが、最少開講人数ギリギリのライン5名の受講者と丸々2日間学びました。


毎年同じ場所でコーチング講座を担当させてもらっていますが、今回は今までと違う点がありました。

それは、幾つかのエクササイズ(ロールプレイ)に私も受講者に混ざって体験したことでした。

というのもペアを組んで上司役と部下役でコーチング(対話)を行う際、受講者が1名余ってしまい、例年なら商工会議所のスタッフが助っ人に入ってくれていましたが、今回はそれができず、私がエクササイズに参加する形になったのです。


本当なら、他の受講者の様子を観察するべきところなのですが、私にとっては久々にクライアント側(部下役)になって相手の問いに答えるというところが新鮮でした。

ましてお相手は2日間コーチングを学んだだけで、プロコーチに質問するというのは相当やりづらかったと思います。

しかし、「何年後にどうなっていたいですか?」「自分一人でできないならだれにサポートしてもらうのがいいと思いますか?」などコーチらしい問いを投げかけられ、短いセッションではあったものの、自分が今からできることは何かを口に出すことでハッキリできてお得だったというのと、レクチャーしたことをしっかり実践してもらえて講師として講座の手ごたえを感じました。


久しぶりにクライアント役をやってみて、定期的にコーチングを受けるのは、車の定期点検と同じで安全に効率よく自走するのに大切なものだと強く感じました。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧