Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//【コーチングスキル】関係を築く

コーチングコラム

【コーチングスキル】関係を築く


コーチングを行うのであれば、相手(例えば部下)と関係を築くことが求められます。

部下・上司間のコーチングならば、立場関係なく自由に話せる
(心理的安全性のある)関係性でなければ、上司の顔色をうかがっての
セッションになりかねません。


関係を築くコミュニケーションの心構え

・相手の話をしっかり聞くために十分な時間をとる
・自分が発しているメッセージ(言葉だけでなく見た目)に注意を払う
・自分の考え、心づもりはいったん脇に置く
・相手に興味や関心を持って話を聞く
・質問する際は、相手の仕事や話している事柄だけでなく
 本人にもフォーカスを当てる
・相手は何を必要としているのか、どんな支援を必要としているかを聞き取る


関係を築くための資質

・正直である
・他の人から学ぶ
・自分の意図を認識し、他人に与える影響を知っている
・モデルとなっている

ある社長さんは稲盛和夫さんのマネジメントについて学び、
それを行動指針にしていました。
その社長さんと1年コーチングを行いましたが、
コーチングというものを学ぶ姿勢を持ち、
これは役に立ちそうというものは取り入れていきました。

もちろん、私もその社長さんから稲盛さんの教えを
聞かせてもらうことがあり、まさにコーチとクライアントが
フラットな関係を築け、クライアントは安心して従業員や家族には
話さないような本音をしゃべっていただけました。


関係を築くためのスキル

1)自分自身について話す
相手の話を聞きたいなら、まず自分のことを相手に知ってもらう、オープンになることです。

2)相手の言葉をリピートする
相手の話を聞いているアピールをするというよりも、誤解を避けることにつながるのと
リピートが問いかけとなり、相手が話をしやすくなる合いの手になります。

3)フィードバックする
人はコミュニケーションの相手が敵か味方かを実は探っています。
どちらが話しやすいか、関係を築けるかは言わずもがなです。
味方だと思ってもらうには、相手のことがどう見えているか、
相手をどう思っているかを伝えることです。

4)質問する
嫌いな人や無関心の相手には質問しないものです。
内容にもよりますが、質問は相手のテンションを上げ心を開きます。



コーチングサプリ/企業の持続的成長を促すパートナー【https://www.coaching-supli.com】
---------------------------------------------------------------------------------------------------
〒466-0002 愛知県名古屋市昭和区吹上町1-10-106 
TEL:052-770-7234 (コーチング、研修・セミナー、健康経営など相談無料)
---------------------------------------------------------------------------------------------------

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧