Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//【コーチングスキル】現状を明確にする

コーチングコラム

【コーチングスキル】現状を明確にする


コーチングは目標達成のコミュニケーションツールです。

どこに向かって進むかというゴールセッティング(目的地の明確化)がでたら、
次は現状を明確にしていきます。

現在地を知らないと何が起こるか

例えば、ゴールが名古屋城のフルマラソンを走っているとします。

目指す名古屋城は走っている途中でも
遠く先に天守閣の上にある金の鯱を目にすることはできます。

なのでゴールの方向はぼんやりと把握できます。

しかし、フルマラソンのコースに距離表示がなく、
自分がいま何キロ地点にいるかわからないとしたらどうでしょう。

まして制限時間が決まっているフルマラソンであれば、
いま何キロ地点で、残りの距離を制限時間まで
どのくらいのペースで走らなければいけないのかを
ペース配分を考えて走る必要があります。

つまり、現在地を知らないと戦略を立てられないということです。

ゴールと現状の乖離を知り、そのギャップを分析し、
アクションプランを立て行動を起こすためには現状を知ることです。


現状を明確にする質問

「今の状況を詳しくおしえてくれませんか?」
「理想を100点とすると、今は何点ですか?」
「これまで目標を達成するために何をしましたか?」
「うまくいっていることは何ですか?」
「いまどんな気がかりがありますか?」

これらの問いの答えを話しながら考えるうちに
部下・クライアントは自ずと前に進むために必要なアイデアが
浮かんでくるようになるでしょう。


部下に対する現状把握の注意点

組織のゴールが上司・部下と共通認識を持っている場合は、
「いまやっているタスクの進捗をおしえてくれないか?」と
現状の明確化からコーチングを始める方が自然であり、
話を聴きやすくなります。

ただし、注意が必要なのは、
言い方(とくに態度や表情などのノンバーバルメッセージ)を間違えると詰問になり、
部下は怒られないようにその場しのぎで思ってもいないことを発し、
コーチングがうまくいかなくなる場合があります。

なので、
1)建設的に一緒に考えるスタンスをとる
2)肯定的なスタンスをとる
3)早急にいい結果を求めすぎない
4)悪い報告もできるようノンバーバルに注意する
を心がけましょう。


コーチングサプリ/企業の持続的成長を促すパートナー【https://www.coaching-supli.com】
---------------------------------------------------------------------------------------------------
〒466-0002 愛知県名古屋市昭和区吹上町1-10-106 
TEL:052-770-7234 (コーチング、研修・セミナー、健康経営など相談無料)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧