Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//【コーチングスキル】ゴールセッティング

コーチングコラム

【コーチングスキル】ゴールセッティング


コーチングを行うにあたり、最初の段階でコーチングを行う目的、テーマ、そしてゴールを設定します。

それは3か月後の場合もあれば、6か月後、1年後など様々ですが、いつ、どこに辿り着くかを明確にすることをゴールセッティングといいます。

もしマラソンのゴールがなかったら、どこへ向かって走ればいいかわからず、スタート地点から一歩も踏み出せなかったり、とりあえず走ってみるものの目指すところがないので、ぐるぐる同じところを行ったり来たりするでしょう。そして時間と体力・気力を消耗するだけで何も手に入れることができません。


ゴールを持つことの意味

1.エネルギーが集中する
2.未完了を完了させることができる
3.コミュニケーションが促進される
4.主体性が増す
5.ゴールと現状との差がわかる
6.学習する姿勢が生まれる

ゴールと聞くと大そうなものかと思いがちですが、いま目指したい、達成したいことです。

例えば、
「1年後に売上を20%アップしたい」
「半年後の試験に合格したい」
「3か月後に3㎏減量成功する」
「毎日1on1ミーティングをするのを1か月継続する」
など。

ゴールを明確にする質問

部下にゴールを明確にしてもらうには、やはり質問です。

「3年後どうなっていたいですか?
 それを実現するには1年後どこまでできるようになるといいですか?」
「いつまでに達成したいですか?」
「それが達成した時のイメージはどんな感じですか?」
「目標を達成したその先には何があると思いますか?」


組織の中でのゴールセッティング

会社組織では、自分のゴールを自由に決めることができないことが多いものです。

いかに与えられたゴールであっても、部下が達成したいと思うものになるかどうかが肝です。

会社組織のゴールを達成することは自分にとってどんな意味があるのか? どんなメリットがあるのか?などを一緒に考え、意味づけや動機づけをしましょう。

<組織の中でのゴールセッティングの手順>
1.組織から与えられたゴールと、自分の認識の間に誤差がないかを明らかにする。
2・誤差があれば話し合って上司・部下双方の合意のもとにゴールを設定する
3.ゴール達成することで得られるものは何かをできるだけ多くリストアップする
4.ゴールの先のビジョンを描く
5.ゴールを達成するために必要な項目(考え方、能力・知識・スキル、ツール、行動など)を棚卸しする
6.ゴールを目指す途中で起こり得る障害を想定する
7.ゴール達成のステップ、スケジュール、プランを明確にする


コーチングサプリ/企業の持続的成長を促すパートナー【https://www.coaching-supli.com】
---------------------------------------------------------------------------------------------------
〒466-0002 愛知県名古屋市昭和区吹上町1-10-106 
TEL:052-770-7234 (コーチング、研修・セミナー、健康経営など相談無料)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧