Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//走ることについて語るときに僕の語ること

コーチ日記

走ることについて語るときに僕の語ること


このタイトルは小説家でありランナーである村上春樹さんがマラソンについて書いたエッセイの1つです。

男性作家の小説はなぜか読んだことはなく、村上春樹さんのこともずっと興味はなかったのですが、この本のことと同時に氏がマラソンを愛好していることを知って親近感を抱いていました。

そして最近やっとこの本に目を通すことができました。

私はマラソンブログを10年以上書いていますが、なぜ走るのか?とか、走っている間に何を考えながら走っているのか?マラソンの何か楽しいかなど聞かれても、それを言語化することの難しさをずっと感じていて、書くプロである氏であれば、どんな言葉が出てくるのか興味深く思っていました。

いざ本を読んでみると、どんな言葉が出てくるか以上にストイックさとマラソンの速さにびっくり。
毎日10㎞(月間300㎞)を習慣にし、フルマラソンを3時間前半で走る走力とサロマ湖ウルトラマラソン100㎞を12時間内で完走されています。


氏が走る理由が、小説家に必要な「集中力」と「持続力」をトレーニングによって後天的に獲得できるから。というのと、長生きしたいわけではないが、生きているうちは十全な人生を送りたいし、しっかりと目的を持って生き生きと生きる10年の方が好ましく、走ることはそれを助けるからだと。

そして走っている間に何を考えているかについては、「僕は原則的に空白の中を走っている。逆の言い方をすれば、空白を獲得するために走っている(中略)空白の仲にもその時々の考えが自然に潜り込んでくる」と。


なるほど。走る理由も走っている間に何を考えているかについても、私も似たような感じですが、それをうまく言葉に説明できないのですが、こういうことを言いたかったというのを氏は表現されていました。

私もコーチングというクライアントの話を集中して聴き、モチベートするエネルギーのいる仕事をしているので、心身のエネルギーを高めておきたいというのはあり、やはりマラソンはそれに適しているのだと優れた作家もそう捉えているので、私のマラソン人生もこのまま続けていくつもりです。


あと、ランナーズ・ハイに対して氏の言葉「ランナーズ・ブルー」=走りたい意欲がなくなる状態を氏も経験していることを知り、氏も一人の人間なんだなとより親近感が湧いてきました。




SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧