Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//【コーチングスキル】アセスメントを用意する

コーチングコラム

【コーチングスキル】アセスメントを用意する


アセスメントとは、ある対象を客観的に調査、評価することです。

コーチングもクライアントの現時点の状態をただクライアントの話(本人の主観)を聴いて知るだけでなく、クライアントとともに客観視することを行います。

会社組織であれば、望ましい行動ができているかどうかを「人事評価シート」で5段階評価するように、チェックシートを使います。仕事面に関しては人事評価シートをそのまま使ったりアレンジして活用してもいいでしょう。


アセスメントの領域

現時点の状態を知っておくべき範囲は広く、例えば「職場の上司が部下の仕事の生産性を高める」ことがコーチングの目的であったとしても、仕事そのもののこと(仕事量、抱えている仕事、仕事のやり方など)以外も対象となります。

・仕事面(キャリア、マネジメント)
・社会面(職場の人間関係、家族)
・健康面(ストレス、疾病、生活習慣)
・経済面(お金のやりくり、蓄え、備え)
・自分自身(価値観、ニーズ)


アセスメントのタイミング

1.コーチングを始めるとき
いろんな側面からアセスメントをしたところ、もし健康面に問題があるようであれば、仕事そのものに目を向ける前に健康面を改善することから始める場合もあります。これは「自己基盤を整える」というコーチングのアプローチの1つです。

2.コーチングの途中
コーチングを始めるときに評価した結果から、「1か月後にこの項目の点数を2点から4点に上げる」という目標設定するという使い方ができます。そして1か月後にどうだったかを自己評価あるいは他者評価します。

3.コーチング終了時
2と同じように、ビフォーアフターを計測します。


オリジナルのアセスメントを作成する

会社の人事評価以外の項目、内容を扱う場合は、上司と部下でコーチングしながら一緒にアセスメントを作ってみましょう。

1.コーチングで手に入れたい成果や結果など目指すゴールを明確にする
2.ゴール達成に必要な要素を洗い出す
3.2の要素を高めるのに必要な行動とその基準を具体的に設ける

2の洗い出しのところは、様々な思考ツールを用いてみてもいいでしょう。
・マインドマップ
・マンダラチャート(メジャーで活躍の大谷翔平選手が高校時代に作成したことで有名)



コーチングサプリ/企業の持続的成長を促すパートナー【https://www.coaching-supli.com】
---------------------------------------------------------------------------------------------------
〒466-0002 愛知県名古屋市昭和区吹上町1-10-106 
TEL:052-770-7234 (コーチング、研修・セミナー、健康経営など相談無料)
---------------------------------------------------------------------------------------------------
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧