Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//大学の賀詞交歓会での学び「文武不岐」

お知らせ

大学の賀詞交歓会での学び「文武不岐」


先週土曜日に母校である中京大学の賀詞交歓会(ウェビナー)に参加しました。

毎年この時期に名古屋市内のホテルで行われる会が初のウェビナー。

いつもはいろんな学部の人やご年配の方から20歳代の若い人までと、幅広い人たちと交流できるのが楽しみだったので、今回はさほど期待せずPC画面に座って参加しましたが、私にとってはいい話が聞けて勉強になりました。

中京大学とスポーツの歴史を専門とする教授の話の中で出た「文武不岐」という言葉。

「文武不岐」とは、学芸と武道、つまり異なる2つものに対して創造的調和を図ることでより高次のものへ発展させることを意味する言葉です。

中京大学の建学の精神は「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」であり、私は在学中から文武両道(どちらも両立させるもの)と捉えていたのですが、本当は「文武不岐」という水戸の藩校・弘道館の建学の精神の一つを取り入れたものだったことを卒業から30年経った今知ることができました。

私が起業してからやってきたコーチングとマラソンは私にとってまさに文武不岐であり、2つがあって心身の調和だけでなく組み合わせて新たな価値(サービス)を生むことができているように思います。

私がコーチングをしているのも、マラソンを続けているのもまさに「文武不岐」につながっているからです。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧