Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//今世紀最後?のセールに社長の意地

コーチ日記

今世紀最後?のセールに社長の意地


先週土曜日に異業種交流会の先輩が経営している名古屋伏見にあるお店のセールにおじゃましました。

その前日にその社長に連絡してみたら、「予想以上のお客さんでありがたい」「(2日目なのに)商品がなくなってきた~」とうれしい悲鳴のような返信がありました。

今まで何度かそのお店のイベントに伺ったことがあり、その際は平日の昼間ということもあるかもしれないけれど、閑散として社長とゆっくりお話しすることができた位の時もありました。

それが、今回お店に入ってみたら、何組かのお客さんがいるのと、社長とお話ししたかったものの、レジでお客さんの対応に追われていました。

店頭には「今世紀最後の半額セール」とあり、21世紀はまだ80年程あるのに敢えて今世紀というフレーズを使っているのは、お店を閉めることを暗示しています。

大々的に「閉店セール」としなかったのは、2代目社長の最後の意地に感じました。


SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧