Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//15年ぶりに古巣へ訪問

コーチ日記

15年ぶりに古巣へ訪問


昨日、現在の仕事を起業する前までに勤めていた会社(本社ビル)へある用件で伺いました。

実は自宅から弊社の丸の内ルームへの通勤の際にその前をいつも通りかかっています。

今も当時の上司や同僚などがいますので、受付で「〇〇さんを呼んでください」と言えば会えるんでしょうが、何か用事がない限り古巣へ行くのは気が引けるものです。

昨日は予めメールでアポを取り、約束の時間に受付に行くと「7階へおあがり下さい」と言われ、エレベーターに乗り込みました。

その階は私がいた頃も応接室と会議室のあるフロアで社内外の打合せ・会議で時々使っており、「懐かしいなあ、今どんな風に変わっているんだろう」とワクワクして上に上がっていきました。

エレベーターがパッと開いて、そのフロアに足を踏み入れた途端、一気にドキドキが始まりました。

なぜかというと、当時と全く変わっていない光景が目に飛び込んできたからです。

応接室と会議室なんて大事な用の時に使う部屋であり、経営企画や開発企画などの仕事で重役が揃う毎月の定例会議で、よく企画のプレゼンをしたり、お茶出しをしたり。とにかく緊張の場でした。

なので、その当時の感覚が15年も経っているのによみがえってきたことに驚きました。そんなことってあるんですね。


SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧