Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//コロナ禍の高校生の進学・就職活動

コーチ日記

コロナ禍の高校生の進学・就職活動

岐阜県のある県立高校で3年生に対する面接の指導に行ってきました。

この学校はここ3年程毎年伺っており、学校の進路指導の先生がとても熱心で、生徒への教育が日ごろから行き届いているのか、毎回指導がしやすい学校です。

そんな熱心な先生も今年は現場の混乱を口にしていました。

高校生の就職活動のスケジュールがコロナ禍で例年より1ヵ月後ろ倒しになり、そのため進学と就職の入学・入社の試験スケジュールが重なったそうです。

だから、生徒一人に対し時間をかけて対策・指導することが非常に難しいと嘆いていました。

実際に生徒の様子はどうかと思い、模擬面接で幾つか質問していくと、全員がコロナ禍を感じさせない前向きな答えをしていました。

高校生活で一番頑張ったことは?との質問に対して、多くの生徒が「部活動です」と答えるものの、失ったことより得たことを高校生なりに考え、いい表情をして答えてくれました。

マスメディアは感傷的にな記事が多いけれど、そんな姿を見たら実際はそうでもなく、逆に強く逞しかったです。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧