Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//あやうく一生懸命生きるところだった

コーチ日記

あやうく一生懸命生きるところだった

あやうく一生懸命生きるところだった


コロナ禍によって今までの働き方や家族との関わり方について見つめ直された人は少なくないかと思います。

私もその一人。

夢を抱き目標を設定して今まで仕事をしてきましたが、コロナ禍と今年から3年間大殺界、そして10月に起業して丸15年と今後の働き方をおぼろげに数カ月間考えていました。

コーチングという仕事柄、自己啓発本や成功哲学本などを読むことが多いのですが、今回はその真逆の考え方である本を読みました。

本屋さんでこのタイトルを見て、「私もあやうく一生懸命生きるところだった」と心の中でつぶやきました。

本の中の一節、‘他の選択肢がないと妄信してしまうことがいかに愚かであるか’。

まじめにあるいは信念を持って何かに邁進している人ほどそうなりがち。

そんなクライアントがいたら、「がんばることを手放したら逆に何を手に入れられるだろうか?」と問いかけてみようっと。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧