Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//近所の人とのコミュニケーションの難しさ

コーチ日記

近所の人とのコミュニケーションの難しさ

コミュニケーションの難しさを実感した出来事がありました。

私はマンション暮らしで、いつも通勤で使う自転車を玄関近くの空きスペースに停めています。そこは元々は駐輪場ではなく、ただキャパオーバーのため暗黙の了解で20年ずっとそこに停めさせてもらっています。

2ヵ月位前から勝手に自転車を屋根のある位置から屋根のない位置へ勝手に出されることが時々起こるようになりました。

ルールはありませんが、出し入れしやすいように停めるときは奥から(屋根あり)詰めるように自然となっていたのに。だから一人の人がわざわざ私の奥に停めてある自転車を出して、雨に濡れないようにしているとしか考えられません。

こちらが我慢すれば済むかもしれませんが、どうしても雨に濡れないようにしたいのであれば、正規の駐輪場に停めればいい話なので、いかにその人に伝えようか自転車を動かされるたびに考える様になりました。

それが、今日その人らしき人が自転車を出そうとする音が聞こえたので、すぐに部屋を出て声をかけました。

「屋根のある奥に自転車を停めたいのなら、あちらの駐輪場に停めた方がいいんじゃないでしょうか?」と。

すると相手の方は「私は自分の自転車を動かしてもらっても構わないですけど。わかりました、これからはここに停めません」と。

自分がしたことを他の人にされたらいい気がしないと思うのですが、お詫びの言葉もなく開き直りにも聞こえるような言い方をされて気まずさが残りました。同じマンションに住む同士、お互い気持ちよく暮らすために自分のことだけじゃなく他の人のことも考えないといけないと思うのですが。。。

私が直接お願いをするのではなく、管理人さんから言ってもらうことも頭によぎりましたが、自転車のマンション独自の登録ナンバーを見れば、何号室かが特定されるし、それならちゃんと伝えた方がいいかなと思いアサーティブな対応したつもりですが、いろんな考え方の人がいるので難しいものです。


SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧