Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//オンライン会議・1on1の工夫・改善

コーチ日記

オンライン会議・1on1の工夫・改善

コーチングの基本はコーチとクライアントの1対1の対話です。そしてその対話は対面に限定されるものでなく、私がコーチング を学んだ15年前当時すでに電話で行われ、それこそコーチングのトレーニングは1対20の電話会議のスタイルでした。

コーチングを電話で行うことによって、クライアントの情報は聴覚情報に絞られ、クライアントの話により耳を傾けるには最適な環境だからです。

今回の新型コロナウイルスにより、ZOOMというオンライン会議を導入する企業、個人が増えました。そして、私も今まで対面で行うことがほとんどでしたがZOOMで行う機会が増えました。もともと私は電話で話すのが苦手でしたし、電話では得られない直接会うことで感じる雰囲気や波動といったノンバーバル(言語以外)のものを肌で感じたいために対面でやってきたことから、まだオンラインに慣れることができていません。

おそらく新型コロナが終息しても、働き方改革につながるメリットが多いことからオンライン会議は定番になりそうですし、私もその流れに乗っていきたいと前向きに捉えています。なので、オンラインでもクライアントと対面と変わりなく対話ができるよう工夫・改善を図っていきたいところです。

そう思っていたところで、ネットでオンライン会議の新常識という記事を読んで参考になりました。在宅あるいはリモートで会議をされる際は、画面に映っている自分を見て、相手にどんな印象や影響をを与えるか観察してみるといいですね。私はGW休みに自宅で娘に練習相手になってもらって模擬会議をやってみようと思います。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧