Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//高校生の部活(自主練習)の手伝いで感じたこと

コーチ日記

高校生の部活(自主練習)の手伝いで感じたこと

私が中京大学陸上競技部出身で、今も陸上(マラソン)をやっていることを知っている取引関係者から前日急に頼まれ事。コロナで部活ができず先生なしで自主練習をしようとしている高校生の練習を見てあげてほしいと。ちょうど今はコロナで仕事のキャンセルがあり、予定が空いていたので自主練習に顔を出してみました。。

教員の働き方改革のため、今時は部活の時間が短い。そして今年はコロナで休校、部活動禁止。さらに東京オリンピックがあるため高校総体の時期が例年より早く、地区予選はゴールデンウィーク前。高校最後の大会に向けた練習期間が短く焦りを高校生は感じているようでした。

また指導する側は「県大会へはあともうちょっと頑張ればいけるから、練習を頑張ってほしい」という思いがある。が、学校側や父兄側には各々考え方や都合があり、「そこまで部活をやらせれない」というのもあるそうで、生徒本人以外の合意や調整が必要らしいです。

今も昔も変わらず、やはり生徒本人がどうしたいか次第。生徒がやりたいと思うことができる環境を周りの大人が作ってあげること。そして本人のやる気に火が点くようなコーチングで不可能と思うことにチャレンジさせる指導。それが将来に生かせる経験を作り出せると思います。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧