疲労とストレスに負けない生活習慣② ~気分転換でストレス発散~

自分の思い通りにいかないと私たちは「ストレスが溜まる~」とよく口にします。

 

時間などの物理的ゆとりや精神的なゆとりがあれば、それを回避することができます。

 

<ストレス発散法>

①ちょっとした癒しや気分転換の時間を毎日持つ

 ・趣味やハマっていること

 ・お風呂

 ・スイーツなど好きなものを食べる

 ・晩酌(嗜む程度)

 ・アロマやマッサージなど

②軽い運動をする

 ・週3回程度で気分転換になる

 ・適度な疲労感が睡眠の質を高める(寝る4,5時間前の運動がとくに〇)

 ・運動習慣がある人の方が幸福感が高い

③物事の捉え方を変える

 ・自分自身に「こうでなければならない」という思い込みがあるかどうかを

  見つめなおす

 ・それによってストレスを感じるのであれば、

  「こうでなればならないとは限らない」と思い込みを緩めるようにする

 ・「他人は他人、自分は自分」と割り切る

 ・「このストレス状況はずっとは続かない」と楽観的に考える