職場の人間関係がうまくいくシンプルなルール① ~友をつくる~

脳には社会的な対立を見つけ、悩む仕組みが組み込まれていて、

人は社会的な生き物であるが故に職場での社会的ストレスは、

仕事そのものの負担からくるストレスより苦しめます。

 

だから、若い人が退職する人の理由が職場の人間関係というのも納得です。

一方、どこの職場に行っても同じ悩みで苦労するのなら、

会社を辞めずにいかに人間関係で苦しまずに済む方法を手に入れる方がよさそうです。

それをやってもダメだなら退職を考えてもいいかもしれません。

 

ということで、職場の人間関係がうまくいく方法を4回にわたって紹介します。

 

1つ目は、友をつくること。

メンタルヘルスの視点でいうと、職場に何でも話せる友人がいるかいないかは

意外と大きく関係するものです。

 

「同僚との間に友情を感じるか」

 

もしそれがまだないのなら、たった一人でいいです。

自分をサポートしてくれそうな人と仕事の話を手始めに、

雑談などを交わし、人と人との関係性を築いてみましょう。