生体リズムを整える② ~生体リズムの基本~

生体リズムの中でも1日周期の生体リズムをサーカディアンリズムと呼びます。

 

語源はラテン語で「サーカ=約」「ディアン=1日」という意味です。

 

これは地球上で人類が生き延びるために、

地球の自転周期(約24時間)に適応した結果であると考えられています。

 

サーカディアンリズムを持つ身体の機能は、睡眠・覚醒と体温です。

 

私たちが夜眠たくなり、翌朝に目が覚めるというがまさにサーカディアンリズムによるものです。

朝起きたときは体温が低いが、夕方になっていくにつれて体温が上がるのもそうです。

 

眠気のピークと体温のピークが違うのには意味があり、

睡眠を迎えるためには、体温が低くなる必要があるからです。