幸福の習慣④ ~地域社会の幸福度を高める~

トム・ラスの人の幸福を決定する5つの要素の1つである

第4の身体的な幸福を飛ばして第5の地域社会の幸福について紹介します。

 

ちなみに身体的な幸福は、健康で自分がやりたいことをする

エネルギーがあるかどうかなので当コラムのフィジカルをご参照ください。

 

地域社会の幸福とは

地域のコミュニティとどれくらい深く関わっているか。

いい人生とすばらしい人生の違いを作り出しているのは

地域社会の幸福である可能性が高いというほど

なくてもいいがあるに越したことはないもの。

 

利他的行動がもたらすもの

人のために何かをしたとき、自分に「変化を起こせる力」があると実感する

・周囲によい影響を与えたことで自信が高まる

・誰か他の人のために行動すると、自分と社会がつながっていることが感じられる

 

地域社会の幸福度を高める習慣

①自分の強みや人生の目標に照らし合わせて、貢献の仕方を考える。

 強みや興味を活かして、どうやって地域社会に貢献するかを明確にする

②自分の思いや興味関心を周囲に伝える。自分に合ったグループと

 巡り合うきっかけを作るように努力する

③地域社会のグループ活動やイベントに積極的に参加する。

 最初は小さなことでも、とにかく動き出してみる