映画「海賊とよばれた男」を見て

今更ながらですが映画「海賊とよばれた男」をDVD借りて見ました。

 

というのも、小説の著者である百田尚樹氏の講演を聴く機会があったからです。

 

出光興産創業者の出光佐三がモデルであり、

「店員は家族と同然」と戦後仕事がない中でも従業員をクビにするどころか自分の資産を投げ打って給料を払い続け、

「仕事ならなんでもする」と誰もやらない仕事をチャンスととらえ

復興目指して泥臭いことをやってきた従業員に慕われる経営者の話です。

 

海を海賊の如く渡りゆく姿はまさに何が正解かわからない

先の見えない戦後の時代を世界を敵にしてまでも

果敢に切り開いた姿と合致。

 

現代は2代目、3代目の社長が多く、

ここまで社員・家族のことを大事にしている会社は

ずいぶん少なくなったのではないでしょうか。

 

時代が昭和から平成を経て令和に変わりましたが、

社員が求める会社のあり方、経営者の姿勢は今の時代も変わらないと思います。

 

変えるべきものと変わらず守り続けるべきものを

クライアントに問い続けていかないといけないですね。