1on1という言葉の浸透度を知る

先日名古屋の若手経営者の例会で講師を務めました。

 

テーマは「コーチングによる効果的に人を動かす方法」。

社長が部下に指示するのではなく部下が自ら考え、

主体的に行動を起こしていくか。

 

そのためのコミュニケーション、傾聴について

エクササイズを交えながら考えていただきました。

 

自分がどんな風に話を聞いているのかを

スマホで撮影をしたものを見てもらったりしながら

社長さんらに楽しく参加していただきました。

 

大企業が1on1ミーティングを行うようになってきていますが、

参加者に聞いたところ全体の8割の人が

1on1という言葉を知らないということでした。

 

これは私が思っていたのと乖離がありました。

むしろ8割の人が知っていると思っていました。

まだまだ中小企業の経営者には個別で対応していく必要性が

認知されていないことがわかったのが私にとって収穫になりました。