コミュニケーションタイプ③ ~サポーター~

自己主張は控えめだけれど、感情表出があるのがサポーターです。

 

<サポータータイプの特徴>

・相手の話にうなずいたり相づちを打って話を聞く

・おだやかにゆっくりめに話す

・話が長いこともある

 

人との合意を大事にし、周りに気配りしたり

他者の気持ちに敏感で世話を焼けるタイプです。

相手や周りの空気を読み過ぎて、相手の気持ちを損ねないように

その分、自分を犠牲にしがちでもあります。

 

<サポータータイプに対する操縦術>

・本音を言わないことがよくあるので、「本当はどうなの?」と

 突っ込んで話を聞いてあげる

・自分一人では決断できないので、同意や承認などでフォロー、

 背中を押してあげる

 

サポーターがグループにいると

場がなごみ、みんなの意見が出しやすくなります。