コミュニケーションタイプ① ~コントローラー~

コミュニケーションのとり方で人を4つのタイプに分類することができます。

 

分類する2つの軸は、

・自己主張が強いか弱いか

・感情表現が豊かか乏しいか

 

それによって

1)コントローラー

2)プロモーター

3)サポーター

4)アナライザー

の4タイプの分けられます。

 

それぞれのタイプ別に特徴とどのようにコミュニケーションをとったら

相手のやる気を引き出すことができるかを4回にわたりご紹介します。

 

===================================

<コントローラータイプの特徴>

・自己主張が強い

・でも感情表現は乏しい

・周りをコントロールしたい

 (感情を出したり弱みを見せて相手にコントロールされるのを回避)

・目標達成するならば、手段を選ばず。プロセス<結果

 (相手がどう思おうが関係なし)

・せっかち

・断定口調

 

特徴を見ると、非情な人のイメージですが、

相手に心を許す場合もあります。

 

目標達成や目的を果たすために必要な情報ならば聞き入れますし、

この人なら信頼できるという人なら心を開きます。

 

<コントローラータイプに対する操縦術>

・何のためにこれをやるのかを相手が納得するまでしっかり話をする

・部下であっても「おしえてほしい」「聞かせてほしい」という表現で尋ねる

・単刀直入に言いたい事をズバッと伝える

 

グループにコントローラーがいると

無駄なく効率よく事が進みます。