健康のための働き方改革① ~座りすぎを解消しよう~

日本人が一日に座っている時間は何時間だと思いますか?

 

平均7時間だそうです。

この数字、多いと思いますか少ないと思いますか?

 

実は世界で最も長く座っているのが日本なので

日本人は座りすぎの国なんです。

 

運動不足の人が一日に8時間以上座っていると

死亡リスクが59%高まります。

 

では日ごろ運動している人は座りすぎでも大丈夫かというと

そうでもなく、座りすぎと運動不足は別の問題と捉えないといけません。

 

 

でも、デスクワークの人やドライバーさんは

座らないと仕事になりません。

どうしたらいいのでしょうか?

 

方法はあります!

30分に1回は立ち上がって体を動かす。

それだけでメタボ予防につながります。

 

オフィスのスタンディングデスク(ハイカウンター)が増えたのは

仕事の効率アップだけでなく座りすぎによる

健康リスクを回避するためでもあるのです。

 

座りっぱなしは飛行機のエコノミー症候群に近い状態になりますので

軽い体操やストレッチをして体をほぐしたり、

社内をうろうろ歩き回ってコミュニケーションをとってみましょう。