元気玉でピンチを脱出

3月の終わりに風邪をひいてしまいました。

 

私の風邪のタイプは発熱で、

3夜続けて納会が入っており3日目の納会の途中から

急に体に力が入らなくなってしまいました。

しかも翌日は大事な模擬セミナーのプレゼン。

 

「どうしよう」とお酒の席で近くの人と話していると、

真正面に座っていた大先輩から

「元気玉あげるよ!」と渡されました。

 

それは日水清心丸という漢方薬です。

勧められるままに3分の1程をその場で口に入れて

溶けるまで舐めて30分もたたないうちに体がカ~ッと熱くなり

パワーチャージできた感じになりました。

 

「明日のプレゼン本番の30分前に飲めば大丈夫だから!」と

小さな1玉約3,000円もする高価な漢方をいただいちゃいました。

 

翌日も体がだるく、残りの3分の1を午前中、

あと残りを本番前に口にしたところ、

体が元気になり、プレゼンは成功して終えることができました。

 

プレゼン後は緊張から解放されたのもあり

翌日はずっとベッドで休みました。

 

寒い冬を乗り越えたと思いきや、まだまだでした。

一旦暖かくなったと思ったらまた寒くなり、

気温の変化についていけませんでした。

 

1週間経ち、熱は下がり体のだるさも治まりましたが

喉と鼻の症状がひどく、せっかくの桜のシーズンに

ジョギングできないのは悲しいので、

ムリせずチョコチョコ走ろうとは思います。

 

ここぞというときは元気玉! 

ではなく頼ることないように健康管理には今一度気を付けます。