部下の学習スタイル別会話術③ ~触覚系~

3つ目は【触覚系】です。

 

触覚系は体験して覚えることが得意なタイプです。

頭を使うより体を使った方が記憶しやすい人が当てはまります。

 

触覚系は手を使う仕事やものを作る仕事が好きですし、

テキストを通じて学ぶよりもロールプレイや体験する方が

理解しやすいようです。

 

触覚系が会話でよく使うフレーズがこちら。

「~な感じがする」

「体験」「経験」

 

なので、触覚系から思っていることを聞き出したい場合は、

「自分一人でがんばってみてどんな感じがした?」

「この体験で何を得られたと思う?」

と問いかけると答えを引き出しやすいでしょう。

 

ちなみに、触覚系に仕事を頼む場合は、

あれこれ指示するよりもまず自由にやらせてあげ、

「どうしたら同じ失敗を繰り返さないか?」と

体験を学びにつなげていきましょう。