セントレアを視察しました

12日に名古屋商工会議所主催の『交通インフラ視察会』に参加しました。

 

仕事には直結しませんが、何を隠そう私は大学生の頃、

航空会社のCAを志望し入社試験を受けました。

とっくにCAは諦めましたが、

空港に行ったり飛行機を見たり乗ったりするとワクワクします。

 

そんな私ですので今回、滑走路と管制塔の見学ができるということで

とっても楽しみな視察となりました。

 

滑走路をどこから見学したか気になりますよね。

 

滑走路全長3500mの中心からわずか100m離れたところにある

オリ(写真参照)から飛行機の離発着を見ることができました。

 

ちょうど、世界にたった4機しかない飛行機を運ぶ飛行機の

ドリームリフターが停機中。その後管制塔に上がってからは

離陸するところも見ることができ、本当にラッキーでした。

(管制塔からの写真はネット流出厳禁のためお見せできません)

 

セントレアは現在LCC専用のターミナルビルを建設中でした。

自動車産業が盛んの中部地区にあるハブ空港としては

ぜひとも滑走路をもう1本欲しいところ。

 

2本目の滑走路建設には1つ条件があることを今回知りました。

年間の発着回数が12万回が必要だそうです。

現在の発着回数はH29年度で約10.1万回。

まだまだ便数的に増枠が可能とのことです。

増便するには、旅客が増えないと便が増えませんので

もっとセントレアを利用して、国内・外の路線・便数が増えるといいですね。