一緒に体を動かすことの効果

ある企業では、昼休みに部署全員で10分間の体操を週3回実施したところ、

職場内のコミュニケーションが円滑になり、

上司や同僚からの支援が得られやすくなったようです。

 

元々運動することが目的で始めたのが

コミュニケーションという副産物があったということです。

 

では、職場の人たちと揃って体を動かせない場合はどうすればいいのでしょうか?

 

勤務時間中に万歩計をつけて一日どれだけ体を動かしたかを見える化し、

部署内で競うなど共通の会話のネタを作るとよさそうです。

 

マラソンも流行っていますので職場の人たちとマラソン大会に出るなどもいいかもしれません。

 

健康づくりと職場のコミュニケーションの一石二鳥ですね。