縁の強さを感じさせる

縁の強さ=共通する語彙数(Ⅴ)× 合意数(A)× 共有体験ファクター(F)

 

(Ⅴ)=話が通じること。興味や関心がどの程度共通しているか

(A)=価値観が似ているか。また二人がそれを自覚している

(F)=多くの共有する体験。しかも非日常の体験。体験は数ではなく質。

 

縁の強さで信頼度が変わります。

 

同じ職場の者同士であれば、(F)の数値を高める機会を持つことが可能です。

 

【共有する体験】にあった方がいい要素は、

・体験の非日常性

・体験の意外性

・共有達成感

 以上の3つです。

 

☝たまにはルーティンから外れて部下と何かアクションを起こしてみませんか。