地図よりも大事なもの

部下を育てる際に、どのように目的と目標を設定して

その道のりや道しるべを考えるキャリアデザインを行うことがあるかと思います。

 

ゴールまでの道のりを見える化した詳しい地図があることに越したことはありませんが、

道のりの精度を高めるよりも大事なことがあります。

 

それは目指そうとするゴール(目的地)が遠くではあっても

『希望の灯』のごとくどんなときでも相手の心に灯がともっていられるものを用意することです。

 

『希望の灯』さえあれば、コースアウトしても地図を失ったとしても

どうにかしてゴールに辿り着こうとするでしょう。

 

☝部下が行ってみたいところ、手に入れたいものを対話を通じて一緒に探究しましょう。