今どきの会社員のワークライフバランス

仕事や趣味(マラソン)の関係で会社勤めをしている方と話す機会があるのですが、

ワークよりもライフを充実させている方が年々増えているのを肌で感じます。

 

2つの例を挙げると・・・

 

1つは趣味に励んでいるパターン。

例えば夜仕事終わりにマラソンの練習会に参加するというもの。

しかも高校の部活のようにインターバルトレーニングなど楽しむというよりは

とてもハードで追い込む練習を毎日のようにしている人もいます。

 

もう1つは副業(有償・無償関係なく)に勤しむパターン。

例えば仕事が休みの週末や平日の夜などに勉強会に参加し学ぶのではなく

自分が講師となってセミナーを開くというもの。

 

どちらも好きだからこそできていると思う一方、

本業はしっかりやれているのだろうかと。

 

私が脱サラし起業した10数年前当時、いや少なくとも私に限っては

会社の仕事がハードで夜や週末に他のことをやる時間・エネルギーはありませんでしたし、

ワークライフバランスという言葉もなく、仕事と家族のことを両立するのが精いっぱいで

自分の時間を持つ、充実させるという考えはほとんどなかったような気がします。

 

ただ、その頃と今と違うのはSNSの普及です。

ひと昔前は家と会社の往復だったら家族と会社の人としか会わないし

それ以外の世界とは接点がなかった。

 

が、今はいろんな世界の人とつながることができるし、

他の世界を覗くこともできる。

 

平成の30年の中でこれほど変わったということは

新元号の時代はどう変わっていくんでしょうかね。