健康経営セミナーに参加してみて感じたこと

先週、商工会議所主催の健康経営セミナーに参加しました。

 

私は2年前に東京商工会議所認定「健康経営アドバイザー」を取得していますので

セミナーに参加する必要なありませんでしたが、

クライアント企業が事例紹介で登壇されるため、

またどんな企業が健康経営に興味を持っているかを知るためにも参加しました

 

協会けんぽによる健康経営認定取得に関する説明と事例紹介が終わり、

質疑応答の時間が設けられましたが、活発な質問がありませんでした。

 

なんでだろう?と思いながら、質疑応答後の名刺交換会に参加した後、

登壇された社長と食事をしながら振り返ったり、

後日、参加された企業の方と個別でお会いし話を聞いてみました。

 

それらをまとめると、

「健康経営優良法人は難しいけど、協会けんぽの認定はとくに新たなことを

 始めなくても取得できそう」

「産業医に認定条件が揃っているから申請することを勧められた」

「協会けんぽ側から勧められた」

という声がありました。

 

社員の健康づくりを第一に考えやっていこうとしている企業もありましたが

大人の事情で参加している企業も少なくないようで少々残念でした。