リンゲルマン効果

 

フランスの心理学者リンゲルマンが綱引き実験を行ったところ、1人で引っ張ったときの力を100%だとしたら、1人当たりの力が2人のときは93%、3人だと85%と徐々に減っていき、8人だ49%まで落ちるという結果に。

 

 

チームには「大勢いるから自分は力を出さなくてもいい」という心理が無意識に働くものと思って、手を抜いている人の個人の問題だけでなく、チームの問題として全体のパフォーマンスを上げる方法を考えてみましょう!