今どきの学校の指導スタイル

中部5県の高校でコミュニケーション講座や面接指導の講師を

させて頂くようになってかれこれ8年。

 

私の指導スタイルは高校生でも基本スタイルはコーチング。

「こうしなさい!」というよりは「やってみてどうだった?」と考えさせるやり方です。

 

今の高校生は大人っぽいし、スマホを使いこなしいろんなことを知っていますが

幼い部分を持っているところは今も昔も変わらないなあといつも感じます。

やんちゃな生徒ややる気が全くない生徒の場合は厳しく注意したり

叱って強制的にやらせないと言うことをきかないだろうなと思うこともあります。

 

しかし、このご時世だからこそなんですが、

「厳しくしないでください」

という学校側から注文がつくことがあります。

 

私は自分の性格的な部分とコーチングスタイルが根付いてしまっているので

どんな生徒でも厳しく叱ることはしませんので問題ありませんが、

私より10歳~20歳も年上のベテラン講師の方々は

厳しく叱咤されながら仕事をしてきた方たちなので

なかなかそのスタイルを変えることが難しそうです。

 

隣の教室からベテラン講師が大声を張り上げて指導し、

生徒もそれに促され元気に挨拶している様子を耳にすると

一見軍隊のようですが、こういう指導も時に必要なのではと感じます。

 

ちょうど明日、ある学校で先生方にコミュニケーションと指導法に関する研修を行うので

ふとそんなことを考えました。