聴き方の5つのレベル

【聞く】と【聴く】の違いをご存じですか?

 

【聞く】

 音を拾っているにすぎず、耳しか使っていない受動的な聞き方。

【聴く】

 耳を傾けるかのように、音以外にも相手の表情や態度など全身を使って

 相手が伝えようとしていることを聴きとろうとする能動的な聞き方。

 

では、あなたは普段どちらの聞き方をしていますか?

 

【聞く】と【聴く】の境界線が何なのかがわかる聞き方のレベルを

ご紹介します。

 

<聴き方の5つのレベル>

低いレベルから順に

1.無視する

2.聞いているフリをする

3.興味あることなど選択して聞く

4.相手が伝えたいことを注意して聴く

5.相手に共感しながら聴く

 

ということで、【聴く】のレベルは4番と5番になります。

 

境界線である「選択して聞く」か「注意して聴く」かは紙一重かもしれません。

 

私はコーチングを学ぶ前は、自分が話すよりも相手の話を聞くのが

好きだと思っていましたし、きちんと聞いているつもりでした。

 

が、コーチングのトレーニングを受けるようになって、

【聴く】ことがどれだけ頭を使い、全身疲れ果ててしまうかがわかりました。

 

【聞く】は自己都合、【聴く】は他者理解

 

あなたはどちらの聴き方をしていますか?