中期計画づくり支援

3~5年先のビジョンから事業戦略、目標設定、アクションプランまでの作成を支援します。

「部下が主体的に動いてくれない」「従業員の意識が低い」という言葉が出るケースは、会社の方向性や先の目標が見えていないことがよくありがちです。

中期計画づくりのステップ

ステップごとに用意するワークシートを使用しながら、エグゼクティブ・コーチングを通じてお客様の頭の中にあるアイデアをアウトプットする手助けをします。

 

Step1 SWOT分析/自社の強み・弱みと外部環境の機会・脅威を認識し、何をすべきかの方向を探る

 

Step2 ミッションを見直す/進みべき方向性と事業の理念・使命のすり合わせを図る

 

Step3 ビジョンを描く/ミッションを果たすことで得られる会社・従業員・顧客等の望ましい姿を具体化

 

Step4 事業戦略立案/財務・顧客・業務プロセス・学習と成長の4つの視点から事業戦略を立てる

 

Step5 課題の特定と目標設定/何をどのようにして行うかを行動レベルまでに明確にする

<中期計画をつくるメリット>

・経営者自身が考えやアイデアを整理できる

・会社の理念や行動指針を再認識できる

・目先だけでなく、先を見据えた中長期の視点が持てることでアイデアが広がる

・緊急なことだけでなく、重要なことに着手しやすくなる

・絵に描いた餅ではなく、根拠のあるビジョンと目標が持てることで方向性がブレない

・会社の方向性やビジョン、目標を全従業員が共有しやすくなり、会社への信頼度アップ

・会社の目標を細分化して部署・個人レベルで目標を設定しやすくなる

・全従業員が自ら目標を設定することができ、指示命令でなく主体的な行動を生む

・経営戦略と人材育成をリンクさせることができ、人の成長と業績向上が直結する

・経営者と全従業員が1枚岩となり、強い組織とESが高い会社に成長できる

<経営戦略としての人材マネジメント>

リーマンショック以降の不況は終わりの兆しも見えている印象があり、少しずつではありますが景気は回復の方向へと進んでいます。しかし、まだ先行きの見えない経済動向に不安を覚えている方も多くいらっしゃることでしょう。それはマネジメントを行う、経営者が一番感じていることかもしれません。ですが、そのような時こそ経営を好転させる必要があります。そのためには、魅力的な組織作りを行わなければいけません。では、その魅力的な組織を作る上で必要な要素とは、一体何なのでしょうか?

モチベーション

現代社会は、常に物の価値が変化する時代でもあります。これまで見向きもされなかった製品・サービスが、翌日には突如として日の目を浴びることが多々あります。そのため、組織は常に製品・サービスを生み出さなければなりません。その想像力の根源は、「モチベーション」にあります。良い商品を生み出そう、価値あるサービスを提供しよう、というモチベーションが重要となってきます。モチベーションを持ち合わせなければ、良い製品・サービスが生まれることはないはずです。

現場レベルでの対応

上記でも申し上げたように、現代では物の価値観は移ろいやすいのです。そのため、顧客の嗜好というのは常に変化していきます。組織は、そのチャンスを逃してはいけません。チャンスはいつの間にかやってきて、いつのまにか去っていきます。ですから、従業員に権限を与えるなりし、チャンスを掴み取らなければなりません。また、この事は従業員にも仕事を任されたという「ヤル気」にも繋がり、組織としては一石二鳥になるのではないでしょうか?

人材マネジメントシステムの導入

そして、魅力的な組織作りを行う上で重要なのが、人材マネジメントシステムの導入であります。人材マネジメントは、「組織」と「人」を効果的に機能させることができるシステムなのです。導入することにより、非常に魅力ある組織作りを行うことが可能となるでしょう。

混沌とした経済状況の中、同業者よりも一歩先んじるためには、これらの要素は必要不可欠となってくることでしょう。